クラブ運営方針

ク ラ ブ 運 営 方 針

2020-21年度 クラブ会長テーマ
「ひろげよう、ロータリーの輪を」

2020-21年度 福山西ロータリークラブ会長
佐藤 教夫

2020-21年度国際ロータリー会長ホルガー・クナーク氏の会長テーマは、
Rotary Opens Opportunities ロータリーは機会の扉を開く」です。

この機会をとらえてロータリーを成長させ、より強く、適応力を高め、中核的価値観(奉仕、親睦、多様性、高潔性、リーダーシップ)に沿ったロータリーに、と言われています。

また、脇ガバナーは“「不易流行」楽しくなくてはロータリーではない”を信条とされています。

ロータリーの「不易」は変えてはいけない事(職業倫理、親睦など)、「流行」は時代に合わせて変わるもの、変えてゆく必要の有るもの(柔軟性、少子高齢化、会員増強など)です。

近年、当クラブにおきましても、会員減少の傾向にあります。これは、会員の高齢化による自然減少もありますが、それにも増してロータリー志向が減少傾向にあるのではと思われます。そのためには、いま一度クラブの運営方法についての見直しを行い、より一層のクラブの活性化を図り、魅力あるクラブづくりに取り組む必要があります。そして、“「不易流行」楽しくなければロータリーではない”の理念のもとに、会員相互の親睦、協調をより発展させ、さらに多くの仲間を増やす活動に重点をおき、頑張ってまいりたいと思います。

そこで、本年度のクラブ会長テーマを「ひろげよう、ロータリーの輪を」とさせて頂きました。以下の重点目標のうち、特に1、2は、仲間を増やす活動と退会防止の施策を検討し、実行してまいりたいと思います。

会員増強及び退会防止は、本年度のみで終わる問題ではなく、今後、継続的にすすめてゆく事業でもありますが、本年度最重要課題として、みなさんの気運を高め、危機感を持って取り組んでまいる必要があります。

つきましては、私が先頭に立って行動してまいりますので、会員の皆様のより一層のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

※ 重点目標 ※

  1. みんなで仲間を増やす活動をします
  2. 委員会メンバー全員参加の委員会活動
  3. 国際奉仕事業への継続的な取り組み
  4. 従来からの奉仕事業の見直し、新しい奉仕事業へ挑戦
  5. クラブ細則等の見直し、長期ビジョンの検討
  6. 東日本大震災10年の節目にできる事を検討