クラブ運営方針

ク ラ ブ 運 営 方 針

2019-20会長
2019-20年度 クラブ会長テーマ
「奉仕のこころをひとつに未来へ」

2019-20年度 福山西ロータリークラブ会長
下平 靖孝

2019-20年度国際ロータリー会長マーク・ダニエル・マローニー氏の会長テーマは、
「ROTARY CONNECTS THE WORLD ロータリーは世界をつなぐ」です。

ロータリーの礎は、「つながり」です。また、国際ロータリーは、地域社会・職業のネットワークを広げ、ロータリーの支援を必要とする人びととつながっています。
21世紀のロータリーの未来像は、柔軟にかつ創造的に対応が迫られています。
ロータリーは、家族を大切にして将来有望な次世代のロータリアンにも幅広い人たちとのつながりを深め行動を起こすためのつながりを持ちましょう、と述べられています。

また、RI2710地区晝田 眞三ガバナーは、信条を「ロータリーの未来を語り、礎を築こう」とされ、
運営方針として
①会員基盤の強化
②世界で良いことをしよう・・・・・地区補助金の積極的活用推進
③青少年プログラムの実施
④”世界を変える行動人”キャンペーンによる認知度向上
⑤クラブと地区運営の調和

そこで私は、会長テーマを「奉仕のこころをひとつに未来へ」とさせていただきました。

会長としてロータリーの基本理念を理解し、又ロータリーの基本である職業倫理を高め奉仕できる喜びを再発見し、福山西ロータリークラブの先輩会員に感謝するとともに伝統・理念を継承し、来る35年・40周年に向かって確固たる礎を築いていきましょう。一年間よろしくお願いします。

※ 重点目標 ※

    1. クラブ創立30周年記念式典を会員45名の会員で祝う
    2. クラブ創立30周年の記念事業を、全員参加で楽しく有意義なものにする
    3. ネパール国の支援
    4. 新世代のための既存プログラムの継続支援
    5. ロータリー財団・米山記念奨学会の理解と地区目標達成
    6. ロータリー賞に挑戦
    7. クラブの長期ビジョンの検討・推進