クラブ運営方針2018-2019

ク ラ ブ 運 営 方 針

2018-19年度 クラブ会長テーマ

「ロータリーを知ろう!すべてはそこから始まる」

2018-19年度 福山西ロータリークラブ会長
松 井 宣 久

 

2018-19年度国際ロータリー会長バリー・ラシン氏の会長テーマは、
「BE THE INSPIRATION インスピレーションになろう」です。
活動を通じて変化をもたらすための知識や意欲を持たないクラブが、あまりにも多すぎます。ロータリーは今転機点にあり、岐路にあります。前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があると述べられています。
また、RI2710地区吉原久司ガバナーは、ガバナー信条を、
「輝こうロータリーふたたび!」基本目的を「仲間を増やそう、すべてはそこから始まる」とされ、会員増強を重点方針に掲げられました。
会員減少の最大の原因は「ロータリーを知らない会員が多くなり、会員一人ひとりのロータリーへの関心・愛情・熱意が薄れ、自らの組織に自信と誇りを失いかけていることだと言われています。
そこで私は、会長テーマを「ロータリーを知ろう!すべてはそこから始まる」とさせていただきました。会員自らが正しいロータリー感を確立することが強く望まれます。
ロータリーを知り、ロータリーが好きになり、ロータリーを楽しむためにも、まず、ロータリーを学びロータリーを知りましょう。
そして、会員一人ひとりの満足度(充実感・参画意識・やりがい)を高め、クラブ全体の活力を高めるためにも、計画・実行において全員参加で、共に汗をかき、共に感動しましょう。
1年間ご協力よろしくお願いします。

※ 重点目標 ※

    1. 会員増強純増1名以上(特に女性、若人)
    2. 会員に魂を吹き込むためのロータリー塾を開催し、情報提供、教育機能を強化
    3. 国内外の地域社会のニーズを的確につかみ新規のプログラムを立ち上げる
    4. ロータリー財団の寄付と補助金の積極的な活用
    5. クラブ戦略計画の策定見直し
    6. がん予防の普及推進への取り組み
    7. ロータリー賞に挑戦